MENU

妊娠中にマクサルトを服用してもいい?

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

妊娠中はホルモンの分泌が過剰になる影響で、体への不調へとつながりやすい時期でもあります。

 

特に、女性ホルモンであるプロゲステロンには血管を広げる作用があるために頭痛を起こす人も多く、解消するために頭痛薬を使用する妊婦さんも多いと思われます。

 

しかし、通常の状態と体は異なっていることと、おなかの赤ちゃんにも影響することもあるので口に入れるものは慎重になる必要があります。

 

妊娠前のように気軽に利用していたとしても、妊娠中となるとそう簡単に服用できないと思ってい良いでしょう。

 

頭痛薬に含まれている鎮痛成分には赤ちゃんの発育に悪影響を与えることもあり、妊娠初期は特に赤ちゃんの臓器などの大事な器官を形成する時期なので頭痛薬の種類においても慎重に選ぶのが良いと言えます。

 

妊娠中の場合、頭痛薬はダメなのかというと種類によっては服用できるものもあります。

 

子供の解熱剤としても処方されるアセトアミノフェンは妊婦さんが服用しても問題ないとされています。

 

ロキソニンも同じくアセトアミノフェン系の頭痛薬なのですが、近年妊娠後期にお母さんが服用することで新生児遷延性肺高血圧症にかかる可能性があると報告がされているために、なるべく避けた方が良いと言えるでしょう。

 

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

また、妊娠しているのに気づかずに頭痛薬を飲み続けてしまった時はどうすれば良いのか気になるところです。

 

頭痛薬に限らず、アルコールやタバコなども妊娠に気づかずに摂取してしまい不安に駆られる人も少なくないようですが、妊娠していたことに気づいたら直ちにやめるようにしましょう。

 

赤ちゃんの発育に良くないと言っても、少しの量であれば問題ないと言えます。

 

だからと言って、あまりアセトアミノフェン系の頭痛薬では効果が低いからと自己判断で強い薬を服用するのはやめるようにしましょう。

 

少しぐらいなら問題ないですが、それが常用となってしまっているなら奇形児が生まれる可能性もあるからです。

 

妊娠中だからと言って薬を飲まずに我慢することはありません。
どうしても我慢できない場合には、上手に活用しながら妊娠期間を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

 

マクサルトTOPへ

このページの先頭へ