MENU

頭痛の種類と症状の違いマクサルトが効く頭痛とは

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

頭の痛みは種類や症状によって原因が違います。では、それぞれどのような対処法が適しているのでしょうか。

 

痛みの例から症状を見ていきましょう。まず、こめかみ付近がズキズキと痛むときは片頭痛の症状です。

 

これは疲労や空腹、光や音の強い刺激に当たったときなどに症状が出やすい傾向にあります。

 

頭が常に緊張状態であるためにおこる緊張型片頭痛はコンピューターの操作など細かい作業をしたときに頭や肩、筋肉がこわばり、頭の痛みとして現れるといわれています。

 

緊張型の痛みであれば、お風呂に入ってリラックスしたり、頭をマッサージするなどして脳内の緊張をほぐすような対処が有効的です。

 

これらの片頭痛が起きると吐き気やめまいがおこり、数時間で治まる場合もありますが、ひどいときには数週間も痛みを感じることもあります。

 

症状を緩和させるにはまず頭痛になる日はどのように過ごした日がなりやすいか、調べてみましょう。人込みが多いところに出かけた日、睡眠不足だった日など痛みを感じるシチュエーションが必ずあるはずです。

 

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

それらの危険要因ができるだけ重ならないような生活環境を心掛けましょう。また、週末の寝だめや寝不足などの不規則な生活を避けることも大切です。

 

ほかにも年に数回、発症するパターンの頭痛もあり、これは群発性頭痛と言います。一度発症するとほぼ毎日同じ時間帯におこります。

 

このような症状が出たら、まずは横になって安静にすることが一番です。そして、頭を冷やして速やかに脳内の拡張した血管を収縮させることが大切です。

 

重大な病気からくる痛み、脳梗塞や脳腫瘍が原因の場合もあります。この場合、締め付けるような頭が割れるような痛みを感じます。

 

痛みのほかに、嘔吐やけいれん、言語障害といった症状が出てきますので、すぐに病院で処置してもらうことが大切です。

 

頭の痛みと言ってもいろいろな種類があり、ときには命にかかわる痛みであることも考えらえます。

 

たかが頭痛と思っていたら大変なことになるかもしれません。痛みの種類やそれに伴う症状を見極めながら、時には体をいたわってあげることも必要です。

 

マクサルトTOPへ

このページの先頭へ